IR情報を頼りに株式投資

IR情報を頼りに株式投資 ~Fair Discloser Please!!~

適時開示情報を含むIR情報から企業の利益成長や配当の持続可能性を判断し、投資を実行する日々を語る。

仮想通貨:本格離陸はもうすぐそこ!

この記事をシェアする

 

昨今、巷でにぎわっているのがビットコイン(BTC)に代表される「仮想通貨」の話題です。

 

「仮想通貨」が現在注目を浴びているのは「投資(投機)」の世界ではないでしょうか。恐らく、一般の人は早いうちに買っておけばよかったという後悔の念を抱く人、こんなに値動きが激しくてはここからは買えないし、使うつもりもないと考えるひとなど様々でしょう。

しかし、一方、日本では4月1日に改正資金決済法が施行となり、「仮想通貨」が正式な決済手段として認められる運びとなりました。国が「仮想通貨」を正式に「通貨」として認めるのは仮想通貨交換業者を登録制にして「仮想通貨」の利用者を保護するとともに、マネーロンダリングなどの犯罪防止の目的があるとされています。今後、「仮想通貨」の世界が拡大していくということが実際に見えてきたという事実が法改正を促したと言えるのではないでしょうか。

そこにはどのような世界が広がっていくでしょうか。

まず、最初に挙げられるのが「投資(投機)」の世界です。「仮想通貨」を対象とした取引所が日本には10か所あるようです。ここでは主に値上がり益を狙った取引が行われています。

「送金」の世界でも「仮想通貨」が浸透し始めています。海外では、従来の銀行システムを使った送金と比較して手数料が圧倒的に安いため、発展途上国からの出稼ぎ労働者等を中心に利用が拡大しているようです。

日本では、実際に仮想通貨を使って「送金」をしたとか「決済」をしたという話が耳に入ってくることは少ないと思いますが、実際にビットコインを利用可能とする施設等が出てきているようです。三菱東京FGやみずほFGが独自に「仮想通貨」を発行して実証実験を動きもあるようです。

また、更に通常の「決済」までが従来の銀行システムの外にある「仮想通貨」のシステムに流れていく可能性があることを考えると、パラダイムシフトとも呼べそうな大きな変化が予想されます。大口の海外送金のニーズがあるところに「仮想通貨」を採用する動きが出てくることが予想されます。既に「仮想通貨」による「決済」を導入している施設にとっては、従来のクレジットカードによる決済と比較して「仮想通貨」による決済の手数料が割安であることが採用の動機となっているようです。今後、クレジットカードで決済が行われているネット通販等小口の世界でも「仮想通貨」の使用が拡大していく可能性は高いと思います。

本日、興味深い記事が日経新聞に掲載されました。「エボラブルアジア、ホテルで仮想通貨両替 地方の旅便利に」です。

ビットポイントはリミックスポイント(3825)の子会社で、記事にある通り、同社は5月にも格安航空会社(LCC)のピーチ・アビエーションとも提携しています。私たちが海外旅行に行ったとき、主にクレジットカードを使うかと思いますが、手数料が高いと感じていた方、あるいは両替するにも場所が限られていると不満があったかと思います。両社との提携はこのような「今そこにあるニーズ」に対応しようという取り組みであると思われます。2020年の東京オリンピックの訪日客の利便性向上にも資することになるのではないでしょうか。

日本では、「仮想通貨」というと「ビットコインが何倍になった」といった「投資(投機)」の側面しか見られていない気がします。しかし、「送金」、「決済」といった側面を考えると社会の仕組みを大きく変える出来事が現在進行中であると言えるのではないでしょうか。

株式市場における関連銘柄の上昇は、単に「材料」に飛びついたデイトレーダーが群がっているためではなく、「すでに起こった未来」を探し当てた投資家が着々と仕込んでいるとみることができると考えますが、いかがでしょうか。

【リミックスポイント(3825)日足 3ヶ月】

f:id:sokogakikitai:20170609153157p:plain

こちらの記事はご参考まで。

 

「株価が落ち着いたら、仕込んでみたいね」と思った方は、

こちら ↓ のクリックをお願いいたします。

ブログランキング・にほんブログ村へ