IR情報を頼りに株式投資

IR情報を頼りに株式投資 ~Fair Discloser Please!!~

適時開示情報を含むIR情報から企業の利益成長や配当の持続可能性を判断し、投資を実行する日々を語る。

エスクローAJ(6093):期待以上の新中計を期待

本日は、昨日のエントリーの続きです。 

新中期経営計画については、201710月に発表することを公表しています。当社の売上は今期予想でも30億円です。その事業内容と足元の状況から3~5年以内に利益水準が倍増することは十分想定できる・・・

 10月に公表予定の新中計の売上、利益の水準についてヒントになる開示資料がありましたので、上記の記述について補足したいと思います。

下図は「平成29年2月期決算説明資料」(17年4月14日公表)のなかのイメージ図です。中長期の成長イメージを図示したもので、多くの企業の場合、目盛りのない、まさに「イメージ」に過ぎないスライドが多いのですが、当社のイメージ図には目盛りが振ってありました

 

f:id:sokogakikitai:20170727132839p:plain

(当社平成29年2月期決算説明資料を加工)

これをみると次期中計の最終年度である2021年2月期末の売上高の水準は5,500~6,000億円が意識されているように見えます

 その場合、売上高を5,500億円、利益率は足元で改善してきているものの、保守的見地から現状よりやや低めに見積もると、2021年2月期末の売上、利益の水準は下記の数値辺りが想定できそうです。2021年2期EPSは固く見積もって100円の水準といったところでしょうか。

f:id:sokogakikitai:20170727170545p:plain

f:id:sokogakikitai:20170727170757p:plain

17/2期の売上高は約27億円ですので、「3~5年以内に利益水準が倍増」するというイメージとピッタリと合致するのではないでしょうか。

 

「進捗率高いし、期待以上の中計になるかもね」と思った方は、

こちら ↓ のクリックをお願いいたします。

ブログランキング・にほんブログ村へ